バリ島に行ったら食べたいフルーツ「マンゴー」(雨季に特に美味しい!)

バリ島は乾季がオンシーズン。

雨季はオフシーズン。

そんな話を旅行会社から聞きませんでしたか?

実は、バリ島の雨季は、フルーツが美味しくなる季節なのです。

今回は、バリ島の雨季に美味しくなるフルーツの中から「マンゴー」をご紹介します。

バリ島雨季のおすすめフルーツ「マンゴー」の特徴

日本でも有名なマンゴー。

実は、インドネシア産のマンゴーが最も味が良いと言われるほど、バリ島のマンゴーは美味なのです。

もちろん、日本でも有名な高級美味マンゴーはありますが、バリ島のマンゴーは1個100円程度。

それなのに、とっても甘くて、ジューシーで、本当に美味しいのです。

バリ島でマンゴーを食べてしまったら、もうきっとマンゴーの虜になってしまうでしょう!

そのまま食べるのももちろん美味しいですが、ジューススタンドで絞ってもらうのも絶品です。

バリ島に行ったらぜひマンゴーを食べてみてください!

バリ島のマンゴーが最も美味しくなる時期

11月〜2月頃。

バリ島でのマンゴーの呼び方(インドネシア語)

バリ島では、マンゴーは「マンガ」と呼ばれます。

マンゴーと言っても通じない場合があるので、注意してください。

バリ島のマンゴーはどこで買える?

バリ島では、時期であれば、様々な場所でマンゴーを買うことができます。

例えば、バリ島サヌールエリアでしたら、大型スーパーマーケットのハーディーズなどで買うことができますよ!

日本でもマンゴーはお馴染みですが、日本だとすごく高級品ですよね?

でも、バリ島なら1つ100円もしないくらいで買うことができます。

しかも、みずみずしくて、とっても美味しいです。

バリ島に雨季に行く方はぜひ食べてくださいね!

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA